増毛剤@人気ランキング [効果的な増毛剤はコレだ]

増毛効果を高めるために

■「界面活性剤」の危険性

では、ここで、頭皮や髪に優しいシャンプーの選び方について、ご説明したいと思います。まず、ここで覚えて頂きたいのは、「界面活性剤」という言葉です。この「界面活性剤」とは一言で言えば、水分と油分を混ぜ合わすために必要となる薬品のことで、石油系合成界面活性剤は有害な物質となっております。

「界面活性剤」は実は有害で危険な物です。これは主に石油系の合成界面活性剤がそれに当たります。この有害で危険な石油系の合成界面活性剤には、およそ、200種以上の種類があります。

化学的には、発泡剤と称した「ラウリル硫酸ナトリウム」がその筆頭ですが、界面活性剤が含まれているものとして、私たちの生活では、石鹸やリンス、ソープ、歯磨き粉から、化粧品、ワックス、ムース、台所用潜在、洗濯用潜在などにいたるまで、ありとあらゆる製品の中に存在しております。

この状況は、例えて言えば、「頭髪用のシャンプーで、食器やトイレ磨きまでできる」と、いうことですが、メーカーとしても、製品の裏面シールにいちいち、 「合成界面活性剤使用」と表記するわけにはいきませんので、一般の消費者には、わかりにくいように、

・トリエタノールアミン

・ラウリルエーテル硫酸塩

・ラウリル硫酸ナトリウム

・ラルリル硫酸塩

・ラルリル硫酸トリタノール

・ポリエチレングリコール

・エデト酸塩

などと、さまざまな呼び名に変えています。

このように、これらの石油系の合成界面活性剤は、実は様々なトラブルを引き起こすのですが、劇薬でないためすぐには、症状は表面化しないのです。合成の界面活性剤の何が怖いのかといえば、その浸透性と非分解性(残留性)にあるのです。

浸透性の怖さからご説明しますと、合成界面活性剤には、強力な皮膚浸透性がありますので、ひとたび、皮膚や頭皮に付着すると、バリアゾーン(角質層・透明層)を破り、奥へと浸透して、皮下の細胞組織を破壊していきます。

普通、人間の皮膚は、細胞が隙間なくびっちと並び、その上を皮脂膜という保護膜がおおってますが、そこに、合成界面活性剤が付着する事で、この保護膜は長年かけて溶かされてしまうと言う訳です。

その上、分解性も悪く、長期間、界面活性作用を失いません。こうして長年かけて合成界面活性剤が蓄積される事により細胞レベルで障害を起こすことが、実験データでも明らかになっているのです。シャンプー選びにはこの「合成界面活性剤」が入っていないものを選ぶことが大事な基準になってくるのです。

話題の育毛剤!口コミ人気ランキング!

1位 【人気急騰】 M-1発毛・育毛ミスト
・【男性向け】【女性向け】
・『世界初 』分子ピーリングの発毛ミスト!
・酵素研究40年の分子ピーリングの発毛液
・わずか2ヶ月で効果を実感できる即効性!
・満足いかなかった場合は全額返金保障!
・管理人お勧め度 ★★★★★  >>詳細を見てみる

2位 セファニーズ5α
・【男性向け】
・頭髪専門クリニックの「セファニーズ5α 」
・脱毛指令をブロックし発毛サイクルを回復
・医師が考案した実力を体感されて下さい!
・利用者の発毛証拠画像は驚きの効果あり!
・管理人お勧め度 ★★★★★  >>詳細を見てみる

3位 薬用育毛剤リリィジュ
・【女性向け】
・薄毛に悩む女性のための発毛剤「リリィジュ」
・累計100万本販売実績!女性の薬用発毛剤
・女性型脱毛に対して84%の高い効果が人気!
・初回限定お試し価格500円(送料無料)!
・管理人お勧め度 ★★★★    >>詳細を見てみる





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2013 増毛剤@人気ランキング [効果的な増毛剤はコレだ] All Rights Reserved.